菊千代帳
ものぐさ柴の徒然書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング参加中!ポチっとお願いしま~す。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

こちらのランキングも参加中で~す。

 
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |

避妊手術のこと

今日はちょっと真面目なお話・・・


いつもこっそりお邪魔している大好きなブログの方(→ここをクリック)
可愛い姫が避妊手術を受けられ、そのご様子を拝見しているうちに、
菊千代の時のことをつらつらと思い出しました。
忘れないうちに残しておこうかなと思いまして、
この場を借りますが、お見苦しい写真もあります。
ご容赦ください。



菊千代が避妊手術を受けたのは、2年半前、4歳になってからでした。
病気予防のためには、もっと早く受けた方が良かったのですが、
ここは時間をかけてでも、
とうちゃんの覚悟が固まるのを、かあちゃんは待ちたいと思ったのです。


愛犬が女の子の場合、一度は自宅出産を経験したいと
思う人は多いのではないかと思います。
うちのとうちゃんもそうでした。
その気持ち、とってもよくわかるんです。
ですが、かあちゃんは、
もし、自分に多頭飼いの余力があるのであれば、その時は、
困っている子を引き取りたいと、なんとなく思っておりました。


出産か避妊か・・・結論が出せないまま、1歳半が過ぎた頃、
菊千代、なんと、アカラスを発症したのです。
(アカラスというのは皮膚病の一種。これについては、また機会があれば。)
「アカラスの遺伝的要因が否定できない限り、繁殖させないことが良識です」
という主治医の先生のご意見には、素直に賛同することができましたので、
かあちゃんの中では完全に決心がつきました。


でも、うちのとうちゃん、医療ニュースですら直視できないぐらいですので、
(だいたい、男の人の方が、こういうのダメですからね)
病気予防に有効ということはわかっていても、
健康な身体にメスを入れることを受け入れ難いのは明らかでした。

それに、ちょっとしたことでもパニックを起こしてしまうような
精神的に未熟な菊千代が入院に耐えられるのか、という不安要因もありまして、
時期を見計らっておりました。


さすがの菊千代も4歳にもなると、だいぶ大人になりまして、
また、とうちゃんも、恐らく自分でいろいろ見聞きしたようで、
落ち着いて決断することができました。


決断までにかなり時間がかかりましたが、
うちの場合、必要な時間だったように思います。





これが、手術日の朝の菊千代。
これから何が起こるのか、なんにも知らずに寛いでおります。

避妊1



手術前のきれいなお腹。

避妊2jpg



手術は1泊入院でした。
主治医の先生のことは非常に信頼しているのですが、
夜間、無人になってしまう病院でしたので、
その点が不安で不安で、
なんとか当日、連れて帰りたいなどと無謀な申し入れをしておりました。

先生は、経過次第ではOKと言ってくださっていたのですが、
菊千代、全然、麻酔の効かない体質だったらしく、
普通の倍の量の麻酔薬と時間がかかったそうです。
そんな状態でしたので、当日引き取りは叶わず、1泊しました。


家に帰り着いて、とうちゃんのベッドに寝かせたところ。

避妊3

身も心も消耗し切っていました。
ベッドに寝かせてすぐに、なんと菊千代、寝ながら“小”が出てしまいました。
決して家ではしない菊千代ですので、
よっぽど安心して気が緩んだのだと思います。
(とうちゃんのベッドで良かった・・・)



術後二日目。
ほぼ3日間、とうちゃんのベッドでぐったりと過ごしました。
トイレは車で近所の公園まで。
食事は、チーズと茹でササミ。

避妊4



術後4日目。
とうちゃんのベッドから出ました。

避妊5



食事は、もう通常どおり。食欲もしっかり戻って来ました。
お腹が膨れて来て、サポーターからお肉がはみ出しています。

避妊6



動きはまだ緩慢ですが、普段からぐうたらなので、そう普段と変わりません。

避妊7



1週間後にサポーターをはずしました。

避妊8



手術跡はこんな感じ。赤い点々は縫目です。
抜糸の必要のない糸でした。
サポーターで保護されていたため、エリザベスカラーがいらなかったことと、
抜糸の必要がなかったことは、
菊千代の負担が少なくて済み、有り難いことでした。

避妊10



サポーターをとってしまうと、傷があらわになってしまいます。
どこかに引っ掛けて傷口が開いてしまってはいけないので、
かあちゃんのキャミをリメイクして、腹巻きを作りました。

避妊11



2週間ぐらい、このスタイルでお散歩もしていました。

避妊12



これが術後12日目のお腹。
すっかりきれいになりました。

避妊13



これが、約1ヶ月後。
何事も無かったかのように、精神的にも元通り。

避妊14



菊千代は術後の経過も順調でしたので、手術して良かったと思っています。


でも、手術は手術ですから、絶対に安全というものではありませんし、
避妊手術の決断は、やはり簡単なものではありません。
いろいろな考えがあって当然かと思いますので、
ほんの一例として、お考えいただけたらと思います。

お付き合いいただいてありがとうございます。



なお、更新もままならない程の怠惰な管理人ですので、
せっかくコメントをいただいても、満足にお返事することができないと
大変失礼になると思い、コメント欄は設けておりません。
生活と性格を改めることができた折には、
コメント欄を作りたいと思っておりますので、
その際には、どうぞ宜しくお願いいたします。

~菊千代のかあちゃんより~

ランキング参加中!ポチっとお願いしま~す。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

こちらのランキングも参加中で~す。

 
【2009/10/03 22:30】 | ちょっと真面目な話 |
| ホーム |
プロフィール

菊千代

Author:菊千代

   2003年4月6日生・13歳の女子。
   運動ぎらいの ものぐさ柴。
   家族はとうちゃんとかあちゃん。
   2012年6月から、耳が不自由な
   元フーテン猫の寅次郎
   (推定2011年11月頃生)
   が家族に加わりました。

ブログランキング

ランキング参加中!
ポチっとお願いしま~す。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

こちらのランキングも参加中で~す。

FC2カウンター

お気に入り

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

my ぶーむ



菊千代 鈴カステラ











RaQoo通販


ボクに触ってみて~








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。