菊千代帳
ものぐさ柴の徒然書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング参加中!ポチっとお願いしま~す。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

こちらのランキングも参加中で~す。

 
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |

アカラスのこと

今日の菊千代です。

アカラス1

昨日の膿皮症の巻きでは、お見苦しい写真、大変失礼いたしました。



今日は、アカラスのことをご報告します。



さて、
菊千代がアカラスを発症したのは、1歳6ヶ月の時でした。
子犬に多いと言われるアカラスですが、
菊千代は成犬になってからの発症でした。
ちょうど7年半前になります。



2004年10月の、やっと、秋の風が吹き始めた頃、
菊千代の右目のまぶたが腫れていることに気がつきました。

ちょうど、その頃の写真
041001ノ1

041001ノ2
              2004年10月1日


見た目には、まだわかりにくくて、
触ってみると、左目と比べると少し腫れてるかな、というぐらい。
蚊に刺されたのかな~と思っていました。
でも、涙が出ていますね。



その後、腫れが大きくなり、
痒がったりはしていなかったのですが、
脱毛してきたので、
これはおかしいと思い、病院に行きました。

その頃の写真。
041018ノ1

041018ノ2
             2004年10月18日



当時、お世話になっていた近所の動物病院に行ったところ、
たぶんアレルギーでしょうと言われ、アレルギー検査を進められました。




でも・・・


これは、アレルギーやアトピ-とは違うもの・・・
もっと、変なもの・・・
腫瘍とか・・・

どうしても、そんなイヤな予感が消えなかったので、
思い切って次の日、違う病院に行ってみました。



菊千代が1歳ぐらいになるまでのかあちゃんは、
おサンポで犬連れの方とお話する機会があると、
必ず、行きつけの病院がどこなのかを聞いておりました。

その中で記憶に止めておいた病院に行ってみましたが、
生憎、院長先生がお休みで、
一人で診察にあたっておられた若い先生のお見立ても、
きっとアレルギーだと思うので、しばらく様子をみてほしいというものでした。



かあちゃんは、迷うことなく、その足で、
次にチェックしていた病院に向かいました。

その病院は、車でしか行けない場所にあるのですが、
近所の大型犬の珍しい犬種を飼っていらっしゃる方や多頭飼いの方の
多くが、わざわざ通っている病院でした。
そういうオーナーの方は、ある種の覚悟を持って飼っていらっしゃることが
多いので、参考になるお話を聞くことができるんですよね。
ですので、次は、あの病院という感じでした。


そこでも、最初に診てくださった先生は、
頭をかかえて診察室から出て行かれてしまいましたが、
すぐに院長先生が入って来て、菊千代を一目見て、
「アカラスだね」と。


アカラス?
なにそれ?


初めて聞く言葉でした。




アカラスというのは、イヌ ニキビダニという寄生虫のことで、
皮膚に異常繁殖することによって起こる皮膚病をアカラス症と言います。
小さな脱毛から始まり、それが徐々に全身に広がって、
そのうち細菌の二次感染が起こってしまいます。
そうなると痒いし、痛いし、治すのも大変になります。


菊千代の患部の皮膚の組織を薄く採って、
顕微鏡で見せてもらったところ、
たしかにおぞましい微生物のようなものがいました。



しかし、ニキビダニが寄生していても発症するとは限らないそうです。
発症の原因は、まだ十分に解明されておらず、
免疫力が低下していたり、体力、代謝力を損なう慢性的な病気を患ったりすると、
寄生虫と宿主の力のバランスが崩れ、異常繁殖しやすくなるというのが、
現在の通説となっているようです。
また、遺伝と皮膚の免疫力の関係性を指摘する説もあるそうです。

確かにその年(2004年)の夏は、記録的な猛暑でありまして、
9月に入っても残暑が厳しい年でした。
菊千代も、さすがに元気がなく、食欲もおちてしまっていました。
体質的なものに、そういう体調の崩れが拍車をかけて、発症したのだと思います。



院長先生曰く、
「よくアトピーと間違えて、ステロイドが処方されちゃうんだよね。
 免疫力を押さえちゃうから、ニキビダニがどんどん増えて、
 気がつくと大変なことになってるってこと、よくあるんだよ。
 うちに来て、ラッキーだったね。」

先生、思いっきり自画自賛なさっていましたが、
どうぞどうぞ、自画自賛でもなんでもしちゃってくださいという思いでした。



確かに菊千代はラッキーでした。

すぐに診断がついたことと、
脱毛が始まったのが、目の上という、一番気が付きやすい場所だったこと。


早期に発見できたので、
治療は、毎週1回、4週間の注射で完治することができました。



もし、発見が1週間、2週間、遅れていたら、
完治させるのに、半年、1年かかっていたかもしれないそうです。



治療を開始した頃、 
041023ノ1

041023ノ2
             2004年10月23日



2回目の注射が終わった頃、
この頃、一番症状が進行していました。
041103ノ1

041103ノ2
              2004年11月1日


4回の注射が終わり、
2週間後の検査で、ニキビダニの根絶が確認された頃、
041125ノ1 

041125ノ2jpg

041125ノ3

041125ノ5
            いずれも2004年11月25日


完治のお墨付きをいただき、
その嬉しさから、いつもの癖が出てしまった、おふざけ写真。
041129ノ1

041129ノ2
              2004年11月27日


それから2ヶ月後、
院長先生から、もうアカラスのことは忘れて良いと言われた頃の写真
050212ノ1

050212ノ2
              2005年2月12日



でも、アカラスのことは決して忘れませんよ。
膿皮症の再発もいやなのですが、
本当に恐いのは、アカラスの再発です。


膿皮症の再発の度に、必ずアカラスの検査もしてもらいます。

今のところ、大丈夫ですが、
再発させないためには、
やはり、免疫力を強化するよう、食事と運動に気を付けねば。


その“食事”については、また別の機会に!
ランキング参加中!ポチっとお願いしま~す。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

こちらのランキングも参加中で~す。

 
【2012/04/14 02:08】 | ちょっと真面目な話 |
| ホーム |
プロフィール

菊千代

Author:菊千代

   2003年4月6日生・13歳の女子。
   運動ぎらいの ものぐさ柴。
   家族はとうちゃんとかあちゃん。
   2012年6月から、耳が不自由な
   元フーテン猫の寅次郎
   (推定2011年11月頃生)
   が家族に加わりました。

ブログランキング

ランキング参加中!
ポチっとお願いしま~す。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

こちらのランキングも参加中で~す。

FC2カウンター

お気に入り

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

my ぶーむ



菊千代 鈴カステラ











RaQoo通販


ボクに触ってみて~








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。